メールマガジンバックナンバー

労働時間はどこまでなのか?


  一般的に労働時間とは、労働者が使用者の指揮命令下に置かれ、
 労務を提供している時間をいいます。

 よくある質問なのですが、
 仕事の前後の時間、例えば仕事前の着替えや、
 始業前の簡単な準備や掃除、終業後の後片付けは
 労働時間なのでしょうか?

 労働時間には次のような判断基準があります。

 ・朝の掃除、準備

 始業前に簡単な机の雑巾がけをしたり、お湯を沸かしたり
 することは昔からどこの会社にもあることだと思います。

 この場合、始業前の掃除やお湯を沸かしたりすることが
 命じられていたり、当番制によって事実上強制になっている場合、
 黙示の業務命令があるとみなされた場合は労働時間となります。

 社員が職場の仲間のために、自主的に掃除などをしている場合は
 本人の自発的な行動とみなされ、労働時間にはなりません。

 ・作業準備時間、後片付けの時間

 通常の業務に付随する作業であれば、労働時間となります。

 例えば、デパートなどで開店と同時に、全員が職場について
 お客様を迎えるための開店準備作業や、
 閉店後、翌日の仕入れを決めるために後片付けを兼ねて
 売上と在庫を計算したりすること、
 製造工場などにおいて翌日の始業と同時に作業を
 開始するために、清掃をしたり、原材料の準備をすることなどは
 労働時間とみなされるでしょう。

 ただ、この場合も任意の業務を労働者が自発的に行う場合は
 労働時間にはなりません。

 ・更衣時間

 労働者は、作業に適した服装で就労すべきであり、
 更衣時間は、原則労働者の負担であるという考え方によれば
 労働時間とはされませんが、
 判例を見てみると、更衣時間については原則として
 労働時間に含めないとする判例と
 (日野自動車工業事件(最高裁一小:S59.10))
 労働時間とする判例
 (三菱重工業事件(最高裁一小:H12.3))
 があるように、判例でも結論が分かれています。

 事業所内において更衣を行うことを使用者から
 義務づけられているとされた場合には、
 使用者の指揮命令下に置かれたものとみなされ、労働時間とされます。

 ・始業前の朝礼の時間

 始業前の朝礼の時間に関しても、使用者の指揮命令によるか否かで
 判断されることになります。

 強制参加の朝礼、または強制ではないが、朝礼への参加状況が
 人事考課に含まれたりする場合は労働時間と判断されるでしょう。

 また、朝礼で点呼をとったり、当日の仕事の流れを説明するような
 場合も、労働者としては参加せざるを得ず、労働時間となるでしょう。

 以上のような基準をまとめると、準備作業や後片付けを
 労働時間とするかどうかについては、
 使用者に義務づけられたもの、または現実に不可欠なものの場合は、
 使用者の指揮命令下に置かれ、業務性を有しているとされ、
 労働時間になります。

 常識的に考えれば、仕事が始められる状態で始業時間を迎え、
 終業時刻になってから後片付けを始めるものだと思います。

 しかし、そのための準備時間や後片付けの時間が労働時間に
 該当した場合、給料の支払いが必要になってしまいますので、
 労働時間を管理する際には、「世間一般の常識」だけではなく、
 このような「法的根拠」があることに気をつけて下さい。

バックナンバー一覧へ戻る

労使トラブル解決相談

  • トラブルの防止をお考えの企業様
  • トラブルを抱えてしまった企業様

当事務所は労働問題に強みのある社労士事務所です。

お気軽にご相談下さい

サービスメニュー

お読みください

SRP認証事務所

2008年11月 SRP認証事務所となりました。SRP認証は、個人情報保護の基準を満たした社労士事務所に与えられます。

多様な働き方実践企業

ROBINS確認者