メールマガジンバックナンバー

遅刻したものの残業代の割増分は支払う必要があるのか?

遅刻したものが、定時を超えて働いている場合(つまり残業)
割増賃金を支払う必要があるのでしょうか?

労働基準法では、

時間外労働については2割5分以上、
休日労働については3割5分以上

の割増賃金の支払いを義務付けています。

労働基準法で支払いが強制される割増賃金は、
原則「実働8時間を越えた部分」に対してであり、

実働8時間に達しない部分に割増賃金を支払うかどうかは
その事業場の定めにより決定されることとなります。

したがって、「事業場において定めがなければ」
遅刻した時間だけ遅くまで働かせたとしても、
それが実働8時間以内であれば割増賃金を支払わなくても
違反にはなりません。

しかし、所定終業時刻が午後6時だった場合、

6時を越える残業に対し割増賃金を支給する旨を
就業規則等で 定めている場合には、

実働8時間には関係なく、
6時を越えた残業に対し支払い義務が生じます。

つまり「時間外労働」とは、

・労働基準法でいう実働8時間を越えた時間外労働を指すのか、
・事業場で定めた所定労働時間を越えた時間外労働を指すのか

によって取り扱いが異なるため、注意が必要なのです。

バックナンバー一覧へ戻る

労使トラブル解決相談

  • トラブルの防止をお考えの企業様
  • トラブルを抱えてしまった企業様

当事務所は労働問題に強みのある社労士事務所です。

お気軽にご相談下さい

サービスメニュー

お読みください

SRP認証事務所

2008年11月 SRP認証事務所となりました。SRP認証は、個人情報保護の基準を満たした社労士事務所に与えられます。

多様な働き方実践企業

ROBINS確認者