メールマガジンバックナンバー

労働保険年度更新と社会保険算定基礎届

社会保険労務士は、税理士でいう「決算」のような仕事が年に2回あります。
労働保険年度更新と、社会保険算定です。

今までは、労働保険は5月20日までに申告なので4月、5月が忙しく
社会保険は、7月末(法律上は7月10日ですが)なので、
6月下旬から7月が忙しい…という感じでした。

今年から労働保険の申告時期が7月10日までと変更になりました。
2つの大イベントが一緒の時期になってしまったのです。

もちろん、大変になることは想定していて、
準備はどんどんしてきたつもりですが(先に賃金台帳をいただいてどんどん集計してしまうなど)

やはり切羽つまった仕事が優先されてしまい、思うようには進まず
結局、今毎日深夜まで戦っています。

社会保険は、支払いなどはないのでギリギリでも問題ないと思いますが、
労働保険の方は提出だけでなく支払いも7月10日までですので、

ギリギリになって
「金額がでました。○百万円です」
などとは言えませんので、そろそろマズイと焦っています。

しかし、大きな金額の会社ほど、時間がかかってしまい(涙) 

とはいえ、かなり片付いてきて、残りは大物2社となりました。
人数が多くても、集計がでていたり、もしくは集計しやすくラクな会社もあるのですが…。

労働保険年度更新の山が減ってきたと思ったら、
次から次に社会保険算定基礎届の山が…
いっしょの時期にできてラクなのかと思ったら、とんでもない。
今年からなので、どうもペースがつかめません。 

同業者のみなさんが、どのようにされているのか興味があります。
結局、年度更新がひと段落したら、至急算定届をやるしかありません。

6月年更、7月算定
でも、最後の方にお伺いした会社からは、6月支払い分の賃金台帳も
いただいたのであとは書くだけ…

手と頭を動かすしかありませんね!

バックナンバー一覧へ戻る

労使トラブル解決相談

  • トラブルの防止をお考えの企業様
  • トラブルを抱えてしまった企業様

当事務所は労働問題に強みのある社労士事務所です。

お気軽にご相談下さい

サービスメニュー

お読みください

SRP認証事務所

2008年11月 SRP認証事務所となりました。SRP認証は、個人情報保護の基準を満たした社労士事務所に与えられます。

多様な働き方実践企業

ROBINS確認者

埼玉県 シニア活躍推進宣言 生涯現役実践企業