メールマガジンバックナンバー

お金で解決できない問題ほど難しい

退職して初めて、その人の本性が見えてくることがあります。

年末にある会社から、急ぎの相談で「ちょっとトラブルがあって、退職した者から残業代の請求があって…」その額が○○万円。困ったなって思いながら、いろいろ対処方法を考えていました。↑こんなケースも答えは一つではありません。

残業代の話しは、大変複雑な問題なので、おいおい話すとしまして、相手の次の電話を待って、その様子を見て最終的なことを決めるということにしました。

しかし、次にかかってきた相手の電話は、とても意外なものだったのです。

「お金が、目的ではないのですよ。あなたは私のプライドを傷つけた。いろいろ考えていることもあるのですけどね。」といいながら、電話の向こうでケタケタ笑っているというのです。

きちんとした法的根拠に基づいてのお金の請求だけなら、まだマシなのかもしれません。 労働者が役所に訴えたり、裁判をおこすのを慣れているケースは、かなり大変です。他にお金というより、憎しみで…というのも、よくあるのです。

もう、こうなると労働基準法がなんとか、とかそんな問題ではありません。こういう話って、特別なことでもなくて、最近多いのです。事業主なら、こういうことにいつ巻き込まれてもおかしくないのです。

こんな時代ですから、難しい人が増えてきました。「見抜く方法はないのですか?」とよく聞かれますが、面接の段階などでは本当にわからないのです。退職してはじめて「えっ…」って訳です。

従業員も人間であり、中身は何を考えているかわかりません。本当に難しい。だからこそ、言葉のひとつひとつのとらえ方なども違いますから、相手を尊重することだけは忘れてはいけませんね。

バックナンバー一覧へ戻る

労使トラブル解決相談

  • トラブルの防止をお考えの企業様
  • トラブルを抱えてしまった企業様

当事務所は労働問題に強みのある社労士事務所です。

お気軽にご相談下さい

サービスメニュー

お読みください

SRP認証事務所

2008年11月 SRP認証事務所となりました。SRP認証は、個人情報保護の基準を満たした社労士事務所に与えられます。

多様な働き方実践企業

ROBINS確認者

埼玉県 シニア活躍推進宣言 生涯現役実践企業