メールマガジンバックナンバー

利益が一番ではいけない

 「利益のことは頭にあったとしても、
  その先にある『使命』(お客様の○←字が汚くて読めない 笑)を
  しっかり見据えた上で、その上で利益があがる仕組みを
 作らなくてはならない。
  『利益が一番ではいけない』
  そういう人が集まってきてしまう。パイの奪い合いになるだけだ」

  …今、手帳の更新作業をしています。(大切なことの移しかえ)
  人格者でもあるコンサルタントさんに、
  私が何か質問をして、お答えいただいたことを
  共感したので、手帳にメモしていたのが上記の言葉です。

 「事務所を大きくする」「顧客を増やしたい」「利益の追求」
  そういうことばかりに、心が傾いている人がよくいます。
  いい言い方なら「やり手」
  悪い言い方なら「ガツガツしている人」です。

  そういう人には、そのようなお客様が集まってきますので
 お客様の質もいいとはいえず、
  また契約解除も多く、事務所は安定しません。
  職員も友人もみんなそういう人が集まってきますから
  なおさら悪循環となります。

  「必要以上の低価格」で仕事を獲得している場合も、
 契約解除は多くなります。
  そういうお客様は、もっと価格の低いところを見つければ
  高い確率でそちらに移っていくからです。

  友人関係もそうです。
  やはり「波長が同じ人」「思いが同じ人」同士が最終的に残ります。
  「利益」「仕事」などで頭がいっぱいの人のまわりに、
 人が集まっているのは、その人のノウハウがほしいだけです。
 「人」として魅力があり、ホレられているわけではないのです。
 まわりの人はしたたかな人ばかり、裏切りの連続…
 その人に勢いがなくなった時に、
 まるで引き潮のように、人は去っていくのです。

  私も、自分ひとりで仕事をしているうちは、
 キレイごとだけで済んだのですが、
  今は事務所の職員の生活に対して、責任を持たなければ
  ならない立場です。
  昔ほど、正義感だけで仕事はできない部分もあります。
 「利益」ということも、しっかり考えていかなければなりません。

  また、私には扶養家族はいませんが、
  例えば、配偶者や子供を扶養しなければ
  いけない人は、キレイごとなど言っていられないでしょう。
  とにかく利益を生みださなければいけない気持ちも、
  よくわかりますし、当たり前のことですね。

  でも…「使命感」だけは持ち続けたいと思います。
  自分が気持ちよく、納得できる仕事をし続けたいです。
  「自分に褒めてもらえるような仕事」を続けていきたいです。
  それが、長く続けていける秘訣ではないでしょうか?
      

バックナンバー一覧へ戻る

労使トラブル解決相談

  • トラブルの防止をお考えの企業様
  • トラブルを抱えてしまった企業様

当事務所は労働問題に強みのある社労士事務所です。

お気軽にご相談下さい

サービスメニュー

お読みください

SRP認証事務所

2008年11月 SRP認証事務所となりました。SRP認証は、個人情報保護の基準を満たした社労士事務所に与えられます。

多様な働き方実践企業

ROBINS確認者

埼玉県 シニア活躍推進宣言 生涯現役実践企業