メールマガジンバックナンバー

忠告やアドバイスは覚悟を持って、よく考えてから

 最近、とても思うことがあります。
 どこまで、人のことに口を出したらいいか。
 どこまで、人のことに口を出すことができるのか。

 私もおせっかいなところがあるので、
 「おしつけ」みたいな親切をしてしまうことがあるので
 かなり反省しているのですが…。

 匿名でひどい批判なんていうのは、論外ですので
 それは今回の内容とは関係ありませんが、

  「余計なおせっかいかもしれませんが…」
 「あなたのためにはっきりいいますが…」
 「老婆心ながら言わせていただくと…」
 
 みたいに、丁寧に忠告のようなことをされて、
 めちゃくちゃ傷ついて泣いていたり、ずっと落ち込んでいる人を
 私は何人も見ています。多くは女性ですが。

 おそらく言った相手は、その姿は全く知りません。
 「ありがとうございます。感謝します」と、
 大人の態度で返事をもらっているでしょうから。

 きっと指摘をした本人は、とても丁寧に書いているし
 きちんとした対応をしていると思っているので、
 何も気にしていないと思うのです。

 100%ダメなことって、犯罪のようなことでありますけど、
 それ以外のことで「絶対ダメ」なんていうことはあるでしょうか?
 
 その人の言っていることは正しいのかな?
 そうは思えない時が、多いのです。
  逆に相手を傷つけたり、相手の良さをなくしてしまう
 アドバイスのような気がすることが多いのです。

 アドバイス、忠告…悪いとは言いません。
 でも
 「あなたは、その人とそこまで親しいですか?
 とことん付き合っていけますか?
 そうでないなら、やめた方がいい。
 あなたのしていることは、自己満足としか思えないから」
 …そう思います。

 ネットの書き込みやコメントを見ていると、時々そういうことを
 感じることがあります。
 
 だから、私は確かに「コレ…ちよっとね〜」と思うことがあっても、
 それなりに親しい間柄の人ならともかく、
 そうではないなら、絶対に本人に言うことはありません。
 リアルであったことのない人になんて、言うまでもありません。

 みんな自分のことに口を出されるのはイヤですよね。
 でも…親しい人はきちんと忠告してあげなければ
 いけない時もあるのかな?とも感じます。

 私がそれをいう時?
 ほとんど言いませんが、言われたらそれほど大切で大切で
 愛されていると思ってくださいね(笑)←男性??
      

バックナンバー一覧へ戻る

労使トラブル解決相談

  • トラブルの防止をお考えの企業様
  • トラブルを抱えてしまった企業様

当事務所は労働問題に強みのある社労士事務所です。

お気軽にご相談下さい

サービスメニュー

お読みください

SRP認証事務所

2008年11月 SRP認証事務所となりました。SRP認証は、個人情報保護の基準を満たした社労士事務所に与えられます。

多様な働き方実践企業

ROBINS確認者

埼玉県 シニア活躍推進宣言 生涯現役実践企業