メールマガジンバックナンバー

最低賃金制度とは


  最低賃金制度とは、法律により賃金額の最低限値を定めた制度です。

 最低賃金は賃金の実態調査結果等を基に、
 毎年10月頃に引き上げられています。

 最新情報は最低賃金に関する特設サイトをご参照ください。
 http://pc.saiteichingin.info/index.html

 最低賃金はパート・アルバイトも含めすべての
 労働者に適用されます。(一部特例を除きます)

 たとえ労使の合意があっても、最低賃金額より
 低い賃金での契約は、無効になります。
 最低賃金未満の賃金しか支払われていない場合には、
 使用者は差額を支払わなくてはなりません。
 また、使用者は労働者への最低賃金の周知義務もあります。
 
 最低賃金には、「地域別最低賃金」と、
 「特定(産業別)最低賃金」の2種類があります。

 「地域別最低賃金」は、都道府県ごとに、
 「特定(産業別)最低賃金」は、特定の産業について
 地域別最低賃金より高い水準を定めることが
 必要な場合に設定されています。

 両方の最低賃金が適用される場合は、高い方の
 最低賃金額以上の支払いが必要です。

 また、派遣労働者には、「派遣先」の最低賃金が適用されます。

 最低賃金額以上の賃金額を支払わない場合には、
 罰則が定められています。
 (50万円以下の罰金。特定(産業別)最低賃金は
 30万円以下の罰金。)

 最低賃金の対象になるのは基本給や諸手当など、
 毎月支払われる基本的な賃金ですが、
 精皆勤手当や通勤手当、家族手当は最低賃金の
 対象になりません。残業代や臨時の手当、
 ボーナスなども含まれません。

 ちなみに東京都の最低賃金は、
 平成22年10月24日より「821円」になります。
 もう時給820円のアルバイトは雇えなくなりますね。

バックナンバー一覧へ戻る

労使トラブル解決相談

  • トラブルの防止をお考えの企業様
  • トラブルを抱えてしまった企業様

当事務所は労働問題に強みのある社労士事務所です。

お気軽にご相談下さい

サービスメニュー

お読みください

SRP認証事務所

2008年11月 SRP認証事務所となりました。SRP認証は、個人情報保護の基準を満たした社労士事務所に与えられます。

多様な働き方実践企業

ROBINS確認者