メールマガジンバックナンバー

ニュースレターの効果

 私の新刊に書かせていただいた中で、
 反響が大きいものを、これから時々書かせていただきますね。

 今回は、「ニュースレターについて」です。

 仕事が、男並みに大雑把で、細かいことが大嫌いの私が
 こんな面倒な(笑)ニュースレターを始めるなんて、
 周りも自分もびっくりでした。

 でも、何で続いているかというと、
 想像以上に、反応がいいからなのです。

 反応がいい…というと、ザクザクお客様が増えたのですか?
 と思われるかもしれませんが、そんなに甘くないです。
 
 この不景気で、士業のみなさんも
 また、それ以外の商売の方も、苦戦していると思います。
 
 こんな時だからこそ、「守りの営業」が大切だと思いました。

 「守りの営業」=「顧問先の解除を防ぐ」
 そこまで消極的に考えていません。
 「守り」以上の「攻め」はないと気がついたのです。

 もっともっと人間関係を築いていきましょう…
 私のことや事務所のこともたくさん知ってほしいし、
 お客様自身のことも、もっともっと話してほしいな
 というような…。

 やってみてわかったこと。
 お客様って法律のことや難しいことは、ほとんど頭に入っていません。
 興味もないようで…。(想像はしていましたが、想像以上でした)
 ですので、法律系の堅いことは、できる限り優しい言葉で書き、
 スペースも少なめにしました。

 「旅行」とか「食べ物」ネタなんて盛り上がりますね。
 最近だと、品切れ続出「桃ラー」ネタとか…。
 http://www.momoya.co.jp/products/detail/rayu_sukoshikarai.php 

 私生活のことや、失敗談が好きですね。
 「私を知ってもらいたい。事務所を知ってもらいたい」
 ということに8〜9割さくような気持ちで書いた方がいいです。

 ちなみに、事例が盛りだくさんで、私もパクりまくった書籍
 (ニュースレターをやるなら、絶対オススメ)
 http://www.newsletter.jp/01.html
 
 ワードやエクセルでは難しくて、このソフトを入れました。
 私は便利ですが、ここまでやらなくてもいいかもしれません。
 http://fudemame.net/products/digicame/personal7/

 私の体験談や、実際私の事務所で発行しているニュースレターの
 実物は、今回の新刊の118〜120ページに載っています。

 専門の方のアドバイスをいただいて作成したものなので、
 参考になると思います。

 (うちの事務所は、機械が使いこなせる者がいるので
 比較的きれいですが、私だったら無理です。
 でも、きれいさなんてどうでもいいと思っています)

バックナンバー一覧へ戻る

労使トラブル解決相談

  • トラブルの防止をお考えの企業様
  • トラブルを抱えてしまった企業様

当事務所は労働問題に強みのある社労士事務所です。

お気軽にご相談下さい

サービスメニュー

お読みください

SRP認証事務所

2008年11月 SRP認証事務所となりました。SRP認証は、個人情報保護の基準を満たした社労士事務所に与えられます。

多様な働き方実践企業

ROBINS確認者

埼玉県 シニア活躍推進宣言 生涯現役実践企業