メールマガジンバックナンバー

メールは何度か読み返す

私は、受信したメールを必ず何度か読み返すようにしています。

単純な仕事の依頼事項のようなものでも、最低2回は読み返します。
なぜなら、大切なことを読み落とすことがあるからです。

A、Bという2つのことを依頼されているのに、
Aのことばかり頭に残り、Bのことを忘れてしまう心配があるからです。

単純な連絡事項ではなく、仕事でも相談のようなものであったり、
私的な内容の場合などは、もっと繰り返し読みます。

なぜなら、「文章の奥にある隠されたメッセージ」を、
しっかり把握する必要があるからです。

「こちらで文章を作成してみます」と書いてあったとします。

そのまま素直に取っていい場合も、もちろんありますが、
「できればそちらで作成してくれないかな?」
と相手が期待している場合も多いのです。

それをきちんと汲み取ってあげないと、
「この人、気持ちを理解してくれない」「気がきかない」「冷たい」
となってしまいます。

また、もっと複雑な文章の場合、
読む時の体調や気分によって、こちらの捉え方がずいぶん違ってきます。

最初読んだ時に「冷たいなぁ。何でこんなこと書くんだろう」
と思って少し落ち込んだとしても、次の日に読むと
「相手は深い意味でこれを書いたのではないな。気にしなくていいのかも」
と、冷静に感じたりするものです。

仕事ではあまり使えませんが、「絵文字」は気持ちを伝えるのに
効果的のようですね。

「私のことは気にせず行っていいよ」は、
「行けるもんなら行ってみろ!私と会いたくないのね」
というメッセージが込められていたりする訳です(笑)

文章は、本当に難しいですね。
読む時も、書く時も気をつけなければいけませんね。

バックナンバー一覧へ戻る

労使トラブル解決相談

  • トラブルの防止をお考えの企業様
  • トラブルを抱えてしまった企業様

当事務所は労働問題に強みのある社労士事務所です。

お気軽にご相談下さい

サービスメニュー

お読みください

SRP認証事務所

2008年11月 SRP認証事務所となりました。SRP認証は、個人情報保護の基準を満たした社労士事務所に与えられます。

多様な働き方実践企業

ROBINS確認者

埼玉県 シニア活躍推進宣言 生涯現役実践企業