メールマガジンバックナンバー

出産育児一時金の支給額と支給方法の変更

出産育児一時金が38万円から、42万円に引上げられました。
「平成21年10月1日以降に出産される方から」適用になります。

※産科医療補償制度に加入する医療機関等において出産した場合で、
それ以外の場合は、35万円から4万円引上げ39万円となります。

少し前まで30万円で、それが何回かにわたり増額されてきました。
育児休業給付金も増額してきましたし、
育児休業中の社会保険料の免除も含め、、
昔では考えられないぐらい、金銭的な面では恵まれてきました。

支給方法ですが、原則協会けんぽから出産育児一時金を医療機関等に
直接支払う仕組み(直接支払制度)に変更になります。

今までは会社が「出産育児一時金」の用紙を書いてあげて
従業員が病院から証明をもらってきて、会社が役所で手続きをとる
…という形でしたが、これからは原則その手続きが不要となります。

ただ、準備が整わず10月から直ちに実施することが困難な医療機関等も
多いようですので、対応しているか確認をする必要がありますね。

直接支払制度を行うと、病院に報酬が入ってくるのに数か月かかるので、
その期間、病院の経営的に困るそうですね。

ちなみに…私が出産の給付を受けることは二度とありません。
絶対に!!これ以上無理です。今でも限界です(涙)

バックナンバー一覧へ戻る

労使トラブル解決相談

  • トラブルの防止をお考えの企業様
  • トラブルを抱えてしまった企業様

当事務所は労働問題に強みのある社労士事務所です。

お気軽にご相談下さい

サービスメニュー

お読みください

SRP認証事務所

2008年11月 SRP認証事務所となりました。SRP認証は、個人情報保護の基準を満たした社労士事務所に与えられます。

多様な働き方実践企業

ROBINS確認者