メールマガジンバックナンバー

ハーベスト特集その2 〜今までの「時間術」の本と真逆の内容〜

前回、私がなぜ時間術を書くことになったか、
ということを書かせていただきました。
この本には、もうひとつ大きなエッセンスが盛り込まれています。
それは「私の仕事のスタンス、人生の考え方」なんです。

それは前作の「女性社労士」の本にも書かせていただいた通り、

「地味でもいいじゃない!不器用でもいいじゃない!
時間がかかってしまっても、ちょっとぐらい遠回りになってしまっても
10年後(もしくはそれ以上先)を見据えて、誠実に、着実に、しっかり生きていこうよ!」
ということなんです。

その場だけ適当に取り繕って、自分を大きく見せて…
なんていうのは、絶対に長続きなんてしないですし、
そんなのは「成功でも何でもない」と思うのです。
私達がめざす成功って、そんな安っぽいものではないはずです。

私の事務所も、仕事のやり方や考え方も「ものすごく地味」なんです。
だけどコツコツ積み上げてきた分、基盤がしっかりしていると
言われています。

私のやり方、考え方は、数年前まで時代遅れのように
見られていたんですよ。

しかし、この不景気な時代、この厳しい時代
地道にしっかりとやっていくことの大切さ、そして強さが
見直されてきました。

今までの時間術の本といえば「効率化中心」でした。
私は非常に違和感を覚えました。
効率化ばかりに走るのって、私は好きではないんです。
ムダだとか、自分のためにならない事や人間関係をとことん切り捨て、
損得勘定ばかりに走るのって。

ちょっとぐらい効率が悪くても、自分らしく愛のある時間の使い方を
するべきだし、それは決してムダなことではないはずです。
それこそが「将来の自分のため」になると信じています。
そういう意味で「今までの時間術の本」とは、
全く違うものになっているのです。

「時間術」の本にアレルギーを感じている人ほど、
ぜひ読んでいただきたいのです。

次回は、帯に大きく書かれているこの本のポイント
「右肩あがりに成果が出せる!」について
4月20日(月)にお送りさせていただきます!

バックナンバー一覧へ戻る

労使トラブル解決相談

  • トラブルの防止をお考えの企業様
  • トラブルを抱えてしまった企業様

当事務所は労働問題に強みのある社労士事務所です。

お気軽にご相談下さい

サービスメニュー

お読みください

SRP認証事務所

2008年11月 SRP認証事務所となりました。SRP認証は、個人情報保護の基準を満たした社労士事務所に与えられます。

多様な働き方実践企業

ROBINS確認者

埼玉県 シニア活躍推進宣言 生涯現役実践企業