メールマガジンバックナンバー

後期高齢者医療制度 その3

4月から開始された後期高齢者医療制度ですが、先日はじめて保険料が年金から控除されました。それにしても理解しがたい制度ですから、混乱がありましたね。

ちょっとわかりにくい部分をご説明します。

例えば、会社員である夫75歳以上、扶養の妻は75歳未満というケースがあるとします。
夫は健康保険を抜けて後期高齢者医療制度に移ります。その場合、扶養である妻も健康保険を抜かれるのです。

そして、その妻はどこの保険にいくのかというと、「国保」で夫と別々になります。このケースでも、今まで扶養であったため保険料がかからなかった妻に負担がかかるのです。(国保は均等割というのがありますから、収入がない人でも保険料はかかります。)

私のようなこういうことを仕事にしていても、理解するまでに大変でした。政治家の方もよくわかっていないようで、今さら勉強会をしていましたね。当事者は75歳以上のお年寄りの方達ですから、「何がなんだか良くわからない」という状態ですよね。(いや、結構若い人より詳しいかも。)

社会保険事務所からも、75歳以上の人の健保を抜く被扶養者異動届が会社に届き、私の事務所にまわってきています。でも、どこの会社も保険証をつけてきてくれないんです。悲しい!

私達国民は、実施されてから「知らなかった。」と騒ぐのではなくて、早い段階で情報をキャッチし、決まるまでに声を上げていかなくてはならないと思いました。年金の改正なんて、いつも後からびっくり・・・ですものね。

でも、もっとわかりやすく情報を早い段階で流してほしいし、もっとしっかり時間をかけて討論すべきですね。

バックナンバー一覧へ戻る

労使トラブル解決相談

  • トラブルの防止をお考えの企業様
  • トラブルを抱えてしまった企業様

当事務所は労働問題に強みのある社労士事務所です。

お気軽にご相談下さい

サービスメニュー

お読みください

SRP認証事務所

2008年11月 SRP認証事務所となりました。SRP認証は、個人情報保護の基準を満たした社労士事務所に与えられます。

多様な働き方実践企業

ROBINS確認者