メールマガジンバックナンバー

後期高齢者医療制度 その1

4月より「後期高齢者医療制度」がスタートします。とても大きな医療制度の改正ですが、なかなか理解しにくいですね。

現在医療保険には(1)健康保険(2)国民健康保険(3)共済組合(4)船員保険
という4つの制度があり、いずれかに加入している訳ですが、今回5つ目の「後期高齢者医療制度」ができるのです。

この後期高齢者医療制度の対象となるのは、
・75歳以上の方(自動的に)
・65歳〜74歳以上で一定の障害の状態にある方(認定が必要です)

今まで、健康保険等他、上記の4つの保険に加入していましたが、そこから「脱退」をして、後期高齢者医療制度に移行します。

保険者は都道府県内のすべての市区町村が加入する「後期高齢者医療広域連合」です。窓口は市区町村となります。

3月までは被保険者証(健保、国保等)+老人保健の受給者証 だったものが
4月からは、後期高齢者の被保険者証 一枚となります。

(老人保健というのは、医療保険とは別枠なんですよね。普通の被保険者証といっしょに持つものなのです。今まで、なかなかそれを理解してもらえなくて大変でした。)

負担割合は、現行の老人保健制度と同様1割負担です。但し、一定の収入、所得がある方は3割負担です。次回は保険料についてなどをご説明させていただきます。

バックナンバー一覧へ戻る

労使トラブル解決相談

  • トラブルの防止をお考えの企業様
  • トラブルを抱えてしまった企業様

当事務所は労働問題に強みのある社労士事務所です。

お気軽にご相談下さい

サービスメニュー

お読みください

SRP認証事務所

2008年11月 SRP認証事務所となりました。SRP認証は、個人情報保護の基準を満たした社労士事務所に与えられます。

多様な働き方実践企業

ROBINS確認者