メールマガジンバックナンバー

私がなぜがんばってこられたか?

「私はたまたま女性である。だけど、家族を抱える男性であればどうだろう」

開業当初は、両親と同居して、生活に困らず、結婚したあとも、主人の給料で、それなりの生活はできました。

でも、私は女としての甘えは全くありませんでした。

男性なら、奥さんや子供を食べさせていかなければならない。もし、専業主婦としての大切な仕事をしているならともかく、仕事をしている限り、女性にはその責任がない、なんていうことには全くならない…というのが私の考えでした。

その気持ちだけは、当初からずっと同じです。だから、まわりから見たら困っていないように見えても、私は毎日焦っていました。

可愛げのない女だって思いますか?そんなことないですよ。

夫婦別姓とか、生活費は別とか、そういうことに全く興味ありませんし。男なら、女をしっかり養えって感じです。私が生活を養う、なんて全く思っていません。何かあれば、「山内一豊の妻」となりますけどね。

だから生活費は全てうちは主人の給料からです。私の働いたのは、全て私のものです。←勝手すぎる??私は男性には強くいてほしいのです。

なので、いつも「お父様がしっかり働いてくださっているから、こうして食べていけるのよ。生活ができているのよ。」と子供にしっかり教えて、感謝させるようにしています。

(ちなみに、「お前も、生活費をいれろ。人の給料から小遣いまで取るのはやめろ!」 と、怒鳴られ続けています。)

バックナンバー一覧へ戻る

労使トラブル解決相談

  • トラブルの防止をお考えの企業様
  • トラブルを抱えてしまった企業様

当事務所は労働問題に強みのある社労士事務所です。

お気軽にご相談下さい

サービスメニュー

お読みください

SRP認証事務所

2008年11月 SRP認証事務所となりました。SRP認証は、個人情報保護の基準を満たした社労士事務所に与えられます。

多様な働き方実践企業

ROBINS確認者

埼玉県 シニア活躍推進宣言 生涯現役実践企業