メールマガジンバックナンバー

離職票を解雇にしてほしいと頼まれてしまったら

とてもよくある話です。

退職する従業員から「社長、離職票の退職理由を、自己都合ではなく解雇と書いてくれませんか?お願いします。」って、頼まれるケース。

あなたは、そのように社長さんに頼めますか?「頼めますよ。」なんて答えるあなたは、あまりにずうずうし過ぎます!

そんな人のことはどうでもいいとして、悩むのは社長さんですよね。

「この人、今までがんばってくれたから…」とか
「この人、生活に困っているみたいだし…」とか
「この人、うるさくて細かい人だから、断ったりすると…」

なんて、よくどうしたらいいですか?って、相談の電話が来ます。

もちろん法律違反ですよね。犯罪ですよね。それはもちろんですけど、私が思う一番の問題点は、「他の従業員にしめしがつかない。」ということなのです。

一度そういうことをすれば、あたりまえのような顔をして、次の退職者も頼んできますよ。そして、次の人も次の人も…。悪循環に陥ります。そういう悪い慣習が続いている会社、多いのです。

「大丈夫だよ。他の人には言うな、お前は特別だって言うから。」って、社長さんはおっしゃいますけど、そんな甘くありません。そんなことを平気で頼んでくるような人は、口止めなんてしてもベラベラ言いまくります。自慢したくてたまらないのですから。

上記のような、話しをお客様である社長にいうと、「そうなんだ。絶対断るよ。自己都合で離職票書いてね。」と、簡単に話しは片付きます。

社労士として、「それは、法律違反です!違法です!そんなことできませんよ。」と鬼のような顔をして言ったら、それだけで社長さんはこちらのことを嫌になってしまい、もう気軽に相談してくれなくなります。優しい口調で、中身はビシッとですかね。

社長さんもそうです。言うべき時、言うべき事の時は「ビシッ」と行きましょうね!

※参考
勤続8年、離職時50歳

  • 自己都合→3箇月の給付制限後、90日分の基本手当
  • 解雇→給付制限なし、240日分の基本手当

このように年齢が高い人は、かなり違ってきます。

バックナンバー一覧へ戻る

労使トラブル解決相談

  • トラブルの防止をお考えの企業様
  • トラブルを抱えてしまった企業様

当事務所は労働問題に強みのある社労士事務所です。

お気軽にご相談下さい

サービスメニュー

お読みください

SRP認証事務所

2008年11月 SRP認証事務所となりました。SRP認証は、個人情報保護の基準を満たした社労士事務所に与えられます。

多様な働き方実践企業

ROBINS確認者

埼玉県 シニア活躍推進宣言 生涯現役実践企業