メールマガジンバックナンバー

厚生年金保険料の改定(平成23年9月分より)

 平成23年9月分(10月末引き落とし)からの
  厚生年金保険の保険料率が改定されます。
  (給与の控除は一般的には10月支払給与からになります)

  一般被保険者の方の保険料率は
  16.058%(現行)→ 16.412%(改定後)となり、
  0.354%の上昇です。

  例えば、給料が30万円の方であれば
  【現行の保険料】  30万円×16.058%=48,174円(毎月)

  48,174円を本人と事業主で折半しますので、
  毎月24,087円を本人と事業主が
  それぞれ支払っているということです。

 【改定後の保険料】   30万円×16.412%=49,236円(毎月)

  49,236円を本人と事業主で折半しますので、
  毎月24,618円を本人と事業主が
  それぞれ支払っているということです。

  現行と改定後を比較すると
  本人と事業主それぞれが毎月531円ずつ、
  年間6,372円ずつの負担増になります。

  厚生年金の保険料率は毎年引き上げられ、
  平成29年9月以降は、18.3%に固定されることになっています。

  つまり平成29年9月には給料やボーナスの9%以上が
  厚生年金保険料として控除されてしまいます…。
  これと同じだけの負担が事業主にもかかるので、
 事業主にとっても大変な話です。

  給与計算をされている方は、
  算定基礎届による標準報酬月額が適用されるのも
  9月分(10月末引き落とし)からになりますので、
  その月の給与計算の際にはよく確認して下さい。

  ※坑内員・船員被保険者の方や、厚生年金基金に加入している方の
 保険料率は上記とは異なりますので、
 詳細は日本年金機構のホームページをご覧下さい。
 (http://www.nenkin.go.jp/main/employer/index6.html) 
      

バックナンバー一覧へ戻る

労使トラブル解決相談

  • トラブルの防止をお考えの企業様
  • トラブルを抱えてしまった企業様

当事務所は労働問題に強みのある社労士事務所です。

お気軽にご相談下さい

サービスメニュー

お読みください

SRP認証事務所

2008年11月 SRP認証事務所となりました。SRP認証は、個人情報保護の基準を満たした社労士事務所に与えられます。

多様な働き方実践企業

ROBINS確認者