メールマガジンバックナンバー

出産費 支払い不要へ(政府方針)

数日前の新聞で「政府・与党は2日、少子化対策の一環として、病院に分娩費用を直接支払わずに、公的負担で出産できる制度を来年度から導入する方針を固めた。」というのがトップ記事として載っていましたね。

現在は、原則は一度自分で病院に出産費用を支払い、その後病院等で証明をもらって「出産育児一時金申請書」を役所(もしくは健康保険組合)に提出して、少したって35万円が支払われるという仕組みです。(出産育児一時金の事前申請という、同じようなことが今でもできますが、
手続が面倒ですし、あまり知られていませんね。)

新制度では、役所、健康保険組合側が出産育児一時金を直接、医療機関に支払い、今までのように立て替える必要はないということです。

出産した後、出産費用を病院に支払わないケースが増えているので、医療機関の未収金対策の意味合いもあるようです。

また、東京都などの都市部では、出産費用が高くてとても35万円では出産費用が足りませんが、都道府県ごとに標準的な金額を定めて差額分を公費で上乗せ支給してくれるそうです。
(超豪華な食事を提供する病院もありますが、そうした費用は分娩費として計算されません。)

妊婦健診は現在、5回分が無料となっていますが、出産までに必要な14回分を無料化する方針とのこと。妊婦検診は、病院によって差はありますが一回5000円以上かかり、初期は毎月一回ですが、出産近くになると二週間に一回、毎週など回数も増えますので、負担も大きくなります。

私は双子の出産の時、帝王切開で保険がきいたものの、近くで唯一双子でも受け入れてくれた病院がたまたま高級な病院だったこともあり100万円以上を支払い大変でした。
(後から、出産育児一時金、当時2人分60万円、生命保険などいろいろおりましたが)

来年の夏から秋ぐらいから実施でしょうか?良いことだと思います。女性が安心して子供を産むことのできる世の中に、少し近づいてくれたかなと思います。

バックナンバー一覧へ戻る

労使トラブル解決相談

  • トラブルの防止をお考えの企業様
  • トラブルを抱えてしまった企業様

当事務所は労働問題に強みのある社労士事務所です。

お気軽にご相談下さい

サービスメニュー

お読みください

SRP認証事務所

2008年11月 SRP認証事務所となりました。SRP認証は、個人情報保護の基準を満たした社労士事務所に与えられます。

多様な働き方実践企業

ROBINS確認者

埼玉県 シニア活躍推進宣言 生涯現役実践企業