メールマガジンバックナンバー

介護保険料の変更

※あくまでH18.3現在の介護保険料で記事を書いています。その後の保険料改正にお気をつけください。

健康保険の介護保険料率(政府管掌)が、平成18年3月1日より1.23%(現在1.25%)に変更となります。給与から控除するのは、折半ですので0.615%です。

全ての保険料は、最近は上がってばかりなので、また上がるのかなと思ったら、めずらしく下がっていますね。

3月から変更ということは、どの給与から控除額が変更でしょうか?前々回に社会保険料の引き方は、勉強しましたよ!!

答えは「4月支給分の給与から」です。考え方は、3月分の社会保険料は4月末に会社の口座から引き落とされるので、4月末に一番近い、支払日の給与から控除するのです。

それが、いわゆる世間で言う「社会保険料は一ヶ月遅れ控除」です。

介護保険料は40歳以上65歳未満の人がかかります。健康保険の扶養の人には、かかりません。

参考までに、給与20万円だと1230円、30万円だと1845円、50万円だと3075円が、給与より控除されます。

高いと感じますか?まあまあかなって感じでしょうか?

ついでに健康保険と厚生年金も…(健康保険は政府管掌)

給与20万円だと、健康保険8200円、厚生年金14288円
給与30万円だと、健康保険12300円、厚生年金21432円
給与50万円だと、健康保険20500円、厚生年金35720円

これは、さすがに高いですよね!

バックナンバー一覧へ戻る

労使トラブル解決相談

  • トラブルの防止をお考えの企業様
  • トラブルを抱えてしまった企業様

当事務所は労働問題に強みのある社労士事務所です。

お気軽にご相談下さい

サービスメニュー

お読みください

SRP認証事務所

2008年11月 SRP認証事務所となりました。SRP認証は、個人情報保護の基準を満たした社労士事務所に与えられます。

多様な働き方実践企業

ROBINS確認者